災害情報プロダクツ(準備中)

標準化災害情報プロダクツとは、災害対応に必要とされる多種多様な情報を標準的な形式に統合して、災害対応の現場ですぐに使える情報プロダクツとして整理したものです。
「標準化」とは、SIP4Dから提供する情報プロダクツの名称やデータ形式をオープンな仕様として公開することを意味しています。
これにより、情報を共有する組織間で齟齬や混乱が起きるのを防ぎ、国から災害対応現場まで共通の情報に基づく状況認識の統一を図ることが可能になります。
標準化災害情報プロダクツは、まだ災害対応に必要な情報をすべてカバーできてはいません。防災科研は、府省庁、災害対応機関、研究機関、民間企業など多くの関係者のご協力のもと、整備拡充に努めてまいります。(詳細は準備中です)

Scroll to top