システム連接仕様

SIP4Dがデータを配信するために用意しているプロトコルは下表のとおりです。Webマップ配信(3)以外のシステム連接については、ファイル伝送を用いるため事前の調整が必要です。詳細は問い合わせフォームよりお問い合わせください。

No. 方式 概要 プロトコル 利用申請について
1 Pull型配信 SIP4D側サーバの配信用フォルダから、更新されたファイルを定期的に取得する方式。 FTP(パッシブ) 利用申請が必要です。
SFTP(パッシブ) 利用申請が必要です。サーバ証明書を使用します。詳しくはお問い合わせください。
HTTPS経由FTP 利用申請が必要です。FTPが利用できない場合に使用します。
PubSubHubbub(プッシュ通知) 利用申請が必要です。プッシュ通知を受信するプログラム、プッシュ先の登録が必要です。詳細は「提供データ仕様」参照してください。
2 Push型配信 利活用側システムで用意するサーバ上の受信用フォルダに対し、更新のタイミングでSIP4Dからファイルを送信する方式 FTP(アクティブ) 配信先フォルダ、証明書等の調整が必要です。
SFTP(アクティブ) 配信先フォルダ、証明書等の調整が必要です。
3 Webマップ配信 インターネットを介して利活用側の地理情報システム(GIS)にデータを表示する方式 WMS 利用申請不要
地理院タイル形式 利用申請不要
Scroll to top